施設紹介

施設紹介

最新鋭の技術で地球環境の保全を目指し、前進していきます。
 この処理施設は主に、汚泥・油泥・医療・廃油を焼却処理する施設です。
 処理方法は、固形物は投入クレーンにて自動投入機へ投入し、自動投入機にて焼却室へ移送し焼却処理します。泥状のものは、定量フィーダにてロータリーキルンへ投入し、乾燥・焼却処理します。ドラム缶に入っている物は、ドラム投入ロボットにて燃焼室へ投入し焼却処理します。処理中には、燃焼室内では攪拌プッシャーにより処理物が攪拌されながら摂氏850℃で完全燃焼します。炉出口温度は、二次燃焼バーナーにより摂氏800℃を保つ構造です。排ガス中には、塩化水素(HCI)・硫黄酸化物(SOx)等の有害ガス及び飛灰が含まれていますので、これらを処理する為、減温器、バグフィルターをラインアップし、排ガスの減温、飛灰の祖集塵、有害ガスの中和、最終集塵を行い大気放出します。大気放出時、排突からは蒸気による白煙を吐出します。
減温機・バグフィルター

排ガス自動測定装置
ドラム自動投入口
ロータリーキルン
天井クレーン
自動制御監視システム
消石灰タンク・活性炭タンク
自動制御監視システムモニター